タイラーデザイン事務所

2014.09.14_事務所入口

事務所入口
今回は事務所の入口についてご説明します。

といいますのも、弊社にお客さんや業者さんがいらっしゃった際に必ずといっていいほど、
どこが入口ですか?と携帯電話で尋ねられます。

 道路から奥まった旗竿敷地に建ち、さらに奥に入らないと入口までたどり着かないので、
アプローチの途中で「こっちで本当に当たっているのかな」と心がひるみます。

ですので、入口について説明したいと思います。

まず、地図通り来ますと看板がありますので、ここを右に入ってください。
(一番上の画像です)

結構細くて長い小道がありますので、突き当りまでてくてくと進みます。

すると玄関があるのですが、こちらは無視して(家主さんのおうちです)、
右に下りの階段がありますのでこれを下ります。



たまに黒ののら猫(通称クロ)や家主さんちの白猫(ジュン)と遭遇し、
お隣のおうちの犬(ハリー)に遭遇するかもしれません。白猫は触らせてくれます。

 

そしてさらに奥に進んでいくと中庭がありますので、中庭に面したドアが

タイラーデザインの入口になりますので、ブザーを押してください。

東京文京区にありますが、庭と柿の木と八重桜のある平屋建てになります。


家主さんの旦那さんが、タイル貼り職人だったらしく、
いたるところにいろんな種類の古いタイルが貼られていて、
古い木造の住宅ですが、
見慣れない雰囲気を醸し出しています。

雨の夕方は暖かい季節だとでっかいカエルが3匹くらいいたり
自生のミョウガがそこらへんに生えていたりと、異様にワイルドな場所でもあります。
飲めませんが井戸もあります。

そんな、楽しい事務所のアプローチになっています。

来られる際は、ご参考までに。