タイラーデザイン事務所

2014.06.10_未来教室リーフレット完成

未来教室リーフレット完成
中学を卒業した後、障がい者の「学びの継続」を続けるための学校、

児童発達支援事業の最初の学校である未来教室のリーフレットの作成を行ないました。

未来教室とは簡単にいうと中学卒業後の障がい者のための新しい制度の学校です。

 

この教室のご担当者とお話を聞くにあたって、

学校なのだから「学びの継続」は当たり前では?と思ったのですが、

ことに障害者にとっては中学卒業後、作業所での働き方の訓練が授業内容の中心となり、中学まで習ってきた国語や社会などの教科はいっさい行なわないのが現状でした。

そこでこの児童発達支援事業「未来教室」では、訓練ではなく教科の学習も今まで通り続けていくというのが他の学校との違いであり日本で初めての試みになります。

(リーフレットには学びの継続とは書かずに、学びの新たな選択肢と記載しています)

 

わたしを含めて多くの人にとって知らない世界である障がい者を取り巻く環境を、

このリーフレットを使ってその現状も少し知ってもらおうと思い、教室の説明だけではなく、

制度と現状も視覚的に分かるような部分も作るよう、提案しました。

 

こちら、児童福祉法により、利用料金も10%負担ですし、近くの大学の食堂でランチを食べたり、区の施設でプールを行なったり、近くのホームセンターで買い物をしてそれをもとに授業を行なったりと、閉じ込もるではなく、外と関係を持つカリキュラムが魅力的です。大学の学生たちもボランティアで参加してくれたり、ランチ中に学生たちが暖かく見守っていたりと障がい者の環境もかわるものだなあと感じる案件でした。

(仕事の紹介というより、この未来教室の紹介になりました。。)